Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応

Oracleは現地時間4月16日、四半期ごとに公開している定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。のべ441件の脆弱性に対応しており、35件についてはCVSS基本値が「9.0」以上と評価されている。

同社製品や実装されているサードパーティ製コンポーネントに明らかとなった脆弱性に対応したもので、CVEベースでのべ441件の脆弱性に対処した。製品間の重複を除くと239件となる。

具体的には、「Oracle Database Server」や「Oracle Fusion Middleware」をはじめ、「MySQL」「Java SE」「PeopleSoft」「Oracle Communications」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」のほか、多岐にわたる製品において修正を実施した。

のべ441件の脆弱性について影響を見ると、285件はネットワーク経由で認証なしに攻撃が可能だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると224件が「7.0」以上と評価されている。

このうち35件はCVSS基本値が「9.0」以上と高く、2件については「9.9」、32件は「9.8」と評価されている。具体的な製品を見ると「Oracle Application Testing Suite」「Oracle Communications」において4件、「Oracle Hospitality Simphony」「Oracle StorageTek Tape Analytics」ではそれぞれ3件が含まれる。

「Oracle HTTP Server」「Oracle Identity Manager」「Oracle Web Services Manager」などのほか、「Oracle WebLogic Server」においても「CVE-2021-23369」に対処している。

(Security NEXT - 2024/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院