Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大

名古屋大学は、同大教員が個人情報をはじめ、不適切な情報を自身のSNSに投稿していたと発表した。問題とされる投稿はすでに削除されているという。

同大によれば、2月に同教員がSNSへ不適切な投稿を行っているとの指摘を受け、調査を行ったところ判明したもの。

同教員や関係者に対する聴き取り調査を実施した結果、出題予定の定期試験問題や採点中の答案、審査中の修士論文の画像のほか、自身が立ち会った医学部付属病院における手術中の写真、患者のMRI画像の写真などを掲載していた。

また大学入試センター試験の監督者や同大の推薦入試や大学院入試の面接委員を務めていることがわかる投稿が存在。さらに修士論文発表者1人の個人情報や、奨学金返還免除者に選ばれた学生と、学術奨励賞の面接を受けた学生の氏名などの個人情報を掲載していたという。

いずれも閲覧状況などは特定できていない。すでに投稿は削除されており、同大では、対象となる関係者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
学生向けのメールで誤送信が相次いで発生 - 同志社大
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
メール誤送信で卒業生などのメアド流出 - 上越教育大
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大