Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大

名古屋大学は、同大教員が個人情報をはじめ、不適切な情報を自身のSNSに投稿していたと発表した。問題とされる投稿はすでに削除されているという。

同大によれば、2月に同教員がSNSへ不適切な投稿を行っているとの指摘を受け、調査を行ったところ判明したもの。

同教員や関係者に対する聴き取り調査を実施した結果、出題予定の定期試験問題や採点中の答案、審査中の修士論文の画像のほか、自身が立ち会った医学部付属病院における手術中の写真、患者のMRI画像の写真などを掲載していた。

また大学入試センター試験の監督者や同大の推薦入試や大学院入試の面接委員を務めていることがわかる投稿が存在。さらに修士論文発表者1人の個人情報や、奨学金返還免除者に選ばれた学生と、学術奨励賞の面接を受けた学生の氏名などの個人情報を掲載していたという。

いずれも閲覧状況などは特定できていない。すでに投稿は削除されており、同大では、対象となる関係者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大