Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート

中高生向けに提供されているスマートフォン向けアプリ「ゴルスタ」において、運営担当者が利用者の個人情報をインターネット上に書き込んでいたことがわかった。

運営会社のスプリックスによれば、イベントで取得した利用者の氏名や在住県などの個人情報を、「警察へ通報する」などとのメッセージとともに、運営担当者がTwitter上へ書き込んでいた。

同社のサービス方針を巡って、一部で炎上騒ぎに発展。Twitter上の言い争いから書き込みを行ってしまったという。

同社では「極めて軽率な行動だった」として謝罪。同社では担当者を減給処分とし、今後イベントで氏名などを取得しないなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
不動産店従業員が芸能人の賃貸物件情報をTwitterへ投稿
りそな銀、来店客の情報がSNS上へ漏洩
講演会参加者の個人情報が漏洩 - 交通安全環境研究所
従業員が就職希望者の採用結果を知人に漏洩、SNSへの書き込みで判明 - クックパッド
2ちゃんねるビューアの利用者情報流出、運営会社が件数などを公表
2ちゃんねるへの投稿内容、「2ちゃんねるビューア」側に送信
「2ちゃんねる」の書き込み特定される事態に - 誹謗中傷書き込んだ小説家が謝罪
2ちゃんねるビューアの利用者情報がネット流出 - セキュアコードも流出か