Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館

群馬県民会館(ベイシア文化ホール)のウェブサイトが、2019年7月に不正アクセスを受け、会員情報が外部に流出していたことがわかった。

同会館を運営する群馬県教育文化事業団によれば、外部に流出した可能性があるのは、同サイトの「チケット予約センター」における会員情報。不正アクセスを受けた2019年7月時点の会員5259人分のメールアドレスやチケット購入時に付与されるパスワードが含まれる。

同事業団に対して、一部報道機関よりダークウェブ上にデータが流出しているとの指摘が寄せられ、6月9日に問題が判明した。

ウェブサイトを管理する委託事業者が調査を行ったところ、ダークウェブにおいて同事業団の情報流出に関する書き込みが行われていたという。データの具体的な中身は確認していないが、不正アクセスによって情報が流出したことはほぼまちがいないと同事業団では判断しているという。

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明