Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館

群馬県民会館(ベイシア文化ホール)のウェブサイトが、2019年7月に不正アクセスを受け、会員情報が外部に流出していたことがわかった。

同会館を運営する群馬県教育文化事業団によれば、外部に流出した可能性があるのは、同サイトの「チケット予約センター」における会員情報。不正アクセスを受けた2019年7月時点の会員5259人分のメールアドレスやチケット購入時に付与されるパスワードが含まれる。

同事業団に対して、一部報道機関よりダークウェブ上にデータが流出しているとの指摘が寄せられ、6月9日に問題が判明した。

ウェブサイトを管理する委託事業者が調査を行ったところ、ダークウェブにおいて同事業団の情報流出に関する書き込みが行われていたという。データの具体的な中身は確認していないが、不正アクセスによって情報が流出したことはほぼまちがいないと同事業団では判断しているという。

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験