Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント

アニメソングの野外音楽イベント「Re:animation」を運営するリアニメーションは、クラウドファンディング参加者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、「Re:animation11」のクラウドファンディングに参加した401人分の個人情報へアクセスするためのURLが、10月1日23時にインターネット上の匿名サイトおよび匿名投稿サイト上へ投稿されたたもの。同社スタッフが同日23時半ごろ発見したという。

同URLを通じて、同社が業務システムの共有フォルダ上に保存されていた取引情報や、クラウドファンディング支援者リストのPDFファイルが流出した。同ファイルには、クラウドファンディング参加者の氏名、住所、電話番号、購入商品などが含まれる。

同社では本来、共有フォルダにアクセス制限を設定し、個人情報など含むファイルを保存しないルールとなっていたが、イベントのためスタッフが一時的にファイルを保存。外部よりアクセスできる状態で、何者か同社業務システム内にファイルへアクセスするためのURLを書き込み、インターネット上に転載したものと見られている。

同社では共有フォルダへのアクセス制限を変更。URLが投稿されたサイトの運営者に対し削除を依頼した。また今回の問題を受け、同社では関連する顧客へ個別に連絡したほか、外部サイトへ情報を転載した人物について法的措置も視野に対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も