Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイトにDDoS攻撃 - サービス復旧後も攻撃継続中

シグナルトークが運営するオンライン麻雀ゲームサイト「Maru-Jan」がDDoS攻撃を受け、一時サービスが停止した。現在は復旧している。

20160831_mj_001.jpg
DDoS攻撃を受けた「Maru-Jan」のウェブサイト

同社によれば、DDoS攻撃による障害が発生したもので、ゲーム性への影響に配慮して8月22日にサービスを一時的に停止し、対策を講じた。

同社が従来実施してきた対策では防ぐことができないタイプのDDoS攻撃で、脅迫状など届いていなかったことから、サイバー攻撃と判明するまでに時間がかかったという。

サービスは復旧しているが、引き続き攻撃が行われているという。同社ではいずれも防御できており、安定したサービスを提供できている状況だと説明している。

同社は今回の障害に対する謝罪として、ユーザー全員に1000ポイントを提供。アカウント情報やメールアドレスなどの流出については否定している。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ライムライト、DDoS対策サービスを強化
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
カブドットコム証券にDDoS攻撃 - 一時アクセスしづらい状態に
「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
国内のオープンリゾルバを踏み台にしたDNS水責め攻撃が再開 - JPCERT/CCが観測
UDP 389番ポートへのアクセスが増加 - 反射攻撃の踏み台を探索か
9月後半からDNS水責め攻撃が再開 - JPCERT/CCが観測