Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイトにDDoS攻撃 - サービス復旧後も攻撃継続中

シグナルトークが運営するオンライン麻雀ゲームサイト「Maru-Jan」がDDoS攻撃を受け、一時サービスが停止した。現在は復旧している。

20160831_mj_001.jpg
DDoS攻撃を受けた「Maru-Jan」のウェブサイト

同社によれば、DDoS攻撃による障害が発生したもので、ゲーム性への影響に配慮して8月22日にサービスを一時的に停止し、対策を講じた。

同社が従来実施してきた対策では防ぐことができないタイプのDDoS攻撃で、脅迫状など届いていなかったことから、サイバー攻撃と判明するまでに時間がかかったという。

サービスは復旧しているが、引き続き攻撃が行われているという。同社ではいずれも防御できており、安定したサービスを提供できている状況だと説明している。

同社は今回の障害に対する謝罪として、ユーザー全員に1000ポイントを提供。アカウント情報やメールアドレスなどの流出については否定している。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
ライムライト、DDoS対策サービスを強化