Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐車場シェアサービスでクレカ含む個人情報最大11万件が流出か

駐車場シェアリングサービス「軒先パーキング」が不正アクセスを受け、セキュリティコードなどクレジットカード情報を含む会員の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

不正アクセスを受けた「軒先パーキング」
不正アクセスを受けた「軒先パーキング」

同サービスを運営する軒先によれば、システムの脆弱性を突かれたもので、ウェブサイトでやり取りするデータを不正に取得されたという。

2015年5月から2016年7月にかけて同サービスを利用した会員の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、パスワード、そのほか登録情報など、個人情報最大11万1959件が流出した可能性がある。

またこのうち3万8201件に関しては、クレジットカード情報も含まれており、カードの番号、名義、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト