Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐車場シェアサービスでクレカ含む個人情報最大11万件が流出か

駐車場シェアリングサービス「軒先パーキング」が不正アクセスを受け、セキュリティコードなどクレジットカード情報を含む会員の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

不正アクセスを受けた「軒先パーキング」
不正アクセスを受けた「軒先パーキング」

同サービスを運営する軒先によれば、システムの脆弱性を突かれたもので、ウェブサイトでやり取りするデータを不正に取得されたという。

2015年5月から2016年7月にかけて同サービスを利用した会員の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、パスワード、そのほか登録情報など、個人情報最大11万1959件が流出した可能性がある。

またこのうち3万8201件に関しては、クレジットカード情報も含まれており、カードの番号、名義、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社