Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品

カスペルスキーは、仮想化環境向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent Service Pack1」を提供開始した。

同製品は、エージェントの「Light Agent」とセキュリティ機能を提供する仮想マシンの「SVM」を組みあわせた仮想化環境向けのセキュリティ対策製品。

定義データベースの更新はSVMで実施することでデータベース更新時のアップデートストームの発生を抑止。仮想マシン間で定義データベースにギャップが生じることを防止できる。

またSVMに異常が発生した場合に自動でプロセスの再起動を試みる「セルフモニタリング機能」を搭載。異常が解消せずにSVMと仮想マシン間との通信が遮断された場合は、仮想マシン上のLight Agentがほかのハイパーバイザー上で稼働しているSVMに自動で接続し、保護機能の中断を防ぐ。

価格は最小構成となる1CPUで17万2800円から。サポート環境はVMware vSphereで、11月以降に「Hyper-V」へ対応する予定。

(Security NEXT - 2016/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から