Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECとコモドジャパン、電子証明書の普及促進で協力

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とコモドジャパンは、電子証明書の普及で協力し、「JCAN証明書/CMD」の発行を開始する。

「JCAN証明書」は、企業内個人向けに提供する電子証明書。JIPDECから受託を受けてGMOグローバルサインが、認証局やサービスを開発したもので、「電子契約」や「S/MIME」「クライアント認証」「暗号化」などのニーズに対応する証明書2012年より提供している。

今回、コモドジャパンと協力について合意。コモドジャパンの認証局より発行する電子証明書について、JIPDECのJCAN証明書のブランド「JCAN証明書/CMD」として提供していく。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース