Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通研、匿名加工データの個人特定リスクを評価する新技術

富士通研究所は、匿名加工されたパーソナルデータにおいて、個人が特定されるリスクを自動的に評価する技術を開発した。

20160719_fu_001.jpg
新技術の概要(図:富士通研)

同技術は、匿名加工を行ったパーソナルデータについて、データの分布に基づき、個人が特定されるリスクを定量的に評価するもの。個人をもっとも特定しやすい属性の組みあわせや、その特定しやすさを定量的に把握することが可能だという。

具体的には、個人を特定しやすい属性の組みあわせを調べ、優先的に評価すべき属性を抽出。個人特定可能な属性の組みあわせを探索した上で、特定容易度を定量化し、優先的に匿名化すべき属性を判断できるとしている。リスクの評価にあたり、属性値の価値の重さを定義した辞書などは不要。

14属性、1万人のデータであれば、3分以内でのリスク評価が可能だという。またデータ漏洩時の想定損害賠償額や、各種匿名化ガイドラインへの適合性を判定する技術をあわせて開発した。同社は今後実際の環境で効果を検証し、2017年度をめどに実用化する予定。

(Security NEXT - 2016/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」