Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立

日立製作所は、同意に基づいたパーソナルデータの流通を支援する「個人情報管理基盤サービス」を開発し、事業者向けに7月1日より提供を開始する。

同サービスは、同社独自の技術によりパーソナルデータを秘匿化したり、氏名や生年月日、住所などの情報とそれ以外の情報を分離して管理できるサービス「匿名バンク」と、個人による同意を動的に管理できる機能を組みあわせたソリューション。

共通ポータルより利用できる「同意管理機能」では、データの提供先や対象項目など、個人が動的に同意内容を設定し、設定内容を踏まえて利用者へデータを提供することが可能。

氏名や住所などの情報は、検索可能な暗号化技術により秘匿化。他パーソナルデータは氏名や生年月日、住所などの情報と分離したデータとしてクラウド上で管理する。暗号化に用いる鍵はデータ保有者のみが保有するため、データセンターやネットワーク上で復号されることはないとしている。

また同サービスでは、匿名化されたデータをやり取りするための公開APIを提供。アプリケーションの開発に活用としており、企業における新事業の創出や地域活性化といったニーズに向けてサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2021/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI