Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加

経済産業省と総務省は、デジタル化の加速により、プライバシーへの配慮がますます重要になっているとして「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を改定し、「同ver1.1」を公開した。

同資料は、企業でプライバシーを取り扱う際にリスクを適切に管理し、社会から信頼を得られるよう、プライバシーを取り扱うガバナンス体制を構築するために取り組むべきポイントをまとめたガイドブック。2020年8月に「同ver1.0」を公開した。

プライバシーへ配慮が求められるパーソナルデータを活用する製品やサービスを提供する事業者はもちろん、提供事業者と取り引きがある組織の経営陣や責任者などを読者として想定しており、取り組むべき要件や、体制の構築、ルールの運用、関係者とのコミュニケーションなど、ガバナンス構築における重要項目を解説している。

初版公表後の意見を踏まえ、今回あらたに公開した「同ver1.1」では、経営者が取り組むべき要件やプライバシーガバナンスの重要項目に関する具体的な参考事例を追加し、充実を図った。参考文献の更新なども実施している。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス