Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会は、本人の意思に基づいてセキュアにパーソナルデータを流通させるしくみの標準化に向け、研究に注力する。

医療データやライフログなどのパーソナルデータを、スマートフォンやサーバなどで安全に保管し、本人の意思に基づいてセキュアに流通させるしくみの標準化に向けてあらたな部会を協議会内に立ち上げ、研究を推進するもの。

センサーのデータを蓄積、管理するしくみの定義、サービス定義書と制御つきデータコンテナの定義、ユーザーデータ提供に関する本人同意プロセスの定義などを取りまとめ、2023年4月をめどに成果物として発表する計画だという。

「パーソナルデータストア部会」の座長には、IoTデータを効率的に格納するコンテナフォーマットの国際標準化(IEC63430)に取り組む広島市立大学教授の田中宏和氏が
就任した。

当初の参画企業は、サイバートラスト、大日本印刷、TIS、トッパン・フォームズ、ミルウス、ラック、リーディングエッジの7社。

(Security NEXT - 2022/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施