Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、不審アプリに復号化させない「秘文」最新版

日立ソリューションズは、機密データを暗号化するソリューション「秘文 Data Encryption」の最新版を、8月31日より提供開始する。

同製品は、パソコンやハードディスク、USBメモリ、ファイルサーバ上のデータを暗号化するソリューション。インストール直後や持ち出し時などに自動で暗号化を行うことが可能。

最新版では、暗号化データに対し、安全性が確認された正規のプログラムのみアクセスと復号を許可するなど、暗号化データの保護機能を強化。正規のプログラムによるアクセスであっても、起動元のプログラムの安全性が確認できない場合はデータへのアクセスを禁止する。

価格は、購入ライセンスが1クライアントあたり1万800円。別途保守費用やサーバライセンスなどが必要。年間ライセンスも用意しており、1クライアントあたり5400円。

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品