Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、工場向けIoTパッケージを提供開始 - インターネット介さずクラウド接続

NTTコミュニケーションズは、工場のモニタリングや保全などに活用できる「IoT Platform Factory パッケージ」を5月16日より提供開始する。

同ソリューションは、セキュアな「IoT」環境をワンストップで提供する「IoT Platform」のラインナップ第1弾となる製造業向けパッケージ。

同社クラウド基盤よるプライベートクラウド、制御機器やセンサー類に接続するデバイス、ネットワーク、データ収集や分析に用いるアプリケーションなどをワンストップで提供。プライベートクラウドとの接続回線には、インターネットを介さない企業向けモバイルネットワーク「Arcstar Universal One モバイル」を活用している。

月額利用料は、2万2450円から。今後はアプリケーションラインアップなどを充実させていく予定。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催