Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高収入のIT資格、セキュリティ関連が健闘

高収入のITエンジニアが保有するIT関連の「資格」は何か。平均年収を見ると、セキュリティ関連資格が上位に入っている。

米Global Knowledge Trainingが、2015年版の実績についてITエンジニア50万人に調査を依頼。そのうち1万6000人以上から回答を得たもの。IT関連資格保有者の平均年収から、調査結果において100以上の回答が得られた資格から、上位15種類の資格をまとめた。

セキュリティ関連の資格を見ると、「Certified Information Security Manager(CISM)」「Certified in Risk and Informatioin Systems Control(CRISC)」「Certified Information Systems Security Professional(CISSP)」「Certified Ethical Hacker(CEH)」「Certified Information Systems Auditor(CISA)」「Cisco Certified Networking Professional(CCNP)Security」の資格保有者が高収入を得ていたという。

そのほか、仮想化関連の資格やCisco Systemsの認定資格、マネジメント関連の資格が入っているという。同社調査による上位15の資格は以下のとおり。

AWS Certified Solutions Architect - Associate
Certified Information Security Manager (CISM)
Certified in Risk and Informatioin Systems Control (CRISC)
Certified Information Systems Security Professional (CISSP)
Certified Ethical Hacker (CEH)
Certified Information Systems Auditor (CISA)
Citrix Certified Professional - Virtualization (CCP-V)
Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE) Routing and Switching
Cisco Certified Network Associate (CCNA) Data Center
Cisco Certified Design Professional (CCDP)
Cisco Certified Networking Professional (CCNP) Security
ITIL v3 Foundation
Project Management Professional (PMP)
Six Sigma Green Belt
VMware Certified Professional 5 - Data Center Virtualization (VCP5-DCV)

(Security NEXT - 2016/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に