Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高収入のIT資格、セキュリティ関連が健闘

高収入のITエンジニアが保有するIT関連の「資格」は何か。平均年収を見ると、セキュリティ関連資格が上位に入っている。

米Global Knowledge Trainingが、2015年版の実績についてITエンジニア50万人に調査を依頼。そのうち1万6000人以上から回答を得たもの。IT関連資格保有者の平均年収から、調査結果において100以上の回答が得られた資格から、上位15種類の資格をまとめた。

セキュリティ関連の資格を見ると、「Certified Information Security Manager(CISM)」「Certified in Risk and Informatioin Systems Control(CRISC)」「Certified Information Systems Security Professional(CISSP)」「Certified Ethical Hacker(CEH)」「Certified Information Systems Auditor(CISA)」「Cisco Certified Networking Professional(CCNP)Security」の資格保有者が高収入を得ていたという。

そのほか、仮想化関連の資格やCisco Systemsの認定資格、マネジメント関連の資格が入っているという。同社調査による上位15の資格は以下のとおり。

AWS Certified Solutions Architect - Associate
Certified Information Security Manager (CISM)
Certified in Risk and Informatioin Systems Control (CRISC)
Certified Information Systems Security Professional (CISSP)
Certified Ethical Hacker (CEH)
Certified Information Systems Auditor (CISA)
Citrix Certified Professional - Virtualization (CCP-V)
Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE) Routing and Switching
Cisco Certified Network Associate (CCNA) Data Center
Cisco Certified Design Professional (CCDP)
Cisco Certified Networking Professional (CCNP) Security
ITIL v3 Foundation
Project Management Professional (PMP)
Six Sigma Green Belt
VMware Certified Professional 5 - Data Center Virtualization (VCP5-DCV)

(Security NEXT - 2016/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始