Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年のセキュリティ投資、3割弱が前年度上回る - 業種や規模で対策状況が二極化

2016年度における情報セキュリティ関連への投資見込み額が、前年度より上回るとする企業が27%にのぼることがわかった。3割超の企業は、セキュリティ投資を行う項目を具体的に計画していないという。

20160415_ij_001.jpg
前年度から見たセキュリティ関連投資の増減率(グラフ:IDC Japan)

2016年1月にIDC Japanが国内企業を対象に情報セキュリティ対策の実態調査を実施し、明らかになったもの。688社が回答した。

2015年度における情報セキュリティ投資について、2014年度より「増加する」と回答した企業は27.2%。「減少する」と答えた企業の10.5%を上回る。

また2016年度の投資見込みでは、27%が2015年度より「増加する」としており、「減少する」と回答した企業は10.5%にとどまった。

一方、6割超は前年度と「変わらない」と回答。2016年の投資を増やす企業では、脆弱性管理とマルウェア対策を重点項目としている企業が多い。3割超の企業は、セキュリティ投資を行う項目を具体的に計画しておらず、IDC Japanでは、既存のセキュリティ対策への投資を継続すると分析している。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など