Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タブレット導入、上場企業の半数強

上場企業の6割近くがタブレット端末を導入していることがわかった。また活用状況を見ても7割近くは活用されていることがわかった。

インフォテリアが、上場企業約3500社のいずれかに勤務する従業員を対象に、タブレットの業務利用の動向について調査したもの。回答数が1000人に達するまでウェブアンケート方式で実施した。

タブレットの導入状況を見ると、「2015年までに初期導入」が57%で、「2016年以降(2%)」だった。一方、導入予定がないとする回答は27%だった。活用状況を見ると「十分活用されている」は13%にとどまるが、58%が「ある程度活用されている」と考えていた。

タブレット導入効果では「業務処理の改善、効率化」がもっとも高く、すでに導入済みと答えた570人のうち212人が効果ありと答えた。「社内コミュニケーション、情報共有の向上」が196人、「顧客への迅速な対応」が124人と続く。ソフトウェア別では、「手書きアプリ」の導入効果が90%を超えて最多だった。

(Security NEXT - 2016/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
トレンド、小学生と保護者対象の夏休みセキュリティ教室を開催
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション