Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAジャパン、IoT機器のリスク評価を解説した資料

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「IoT(Internet of things)」のリスクやアクセス管理について解説した資料の提供を開始した。

「Internet of Things(IoT)インシデントの影響評価に関する考察」は、利用が拡大するIoTにおいて、インシデント発生時の影響評価の方法について説明した資料。事業者が、適切なセキュリティ対策を実装した機器やサービスを提供するにあたり、リスク評価を検討する際のファーストステップについて考察したという。

また「IoTにおけるID/アクセス管理 要点ガイダンス」の公開も開始した。同資料は、「Cloud Security Alliance(CSA)」が公開している「Identity and Access Management for the Internet of Things – Summary Guidance」を翻訳した。いずれも同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2016/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会