Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PBX「Asterisk」の管理画面を狙う辞書攻撃 - 管理者は注意を

VoIPなどで利用されているオープンソースのPBXソフトウェア「Asterisk」の管理画面を狙った不正アクセス行為を観測しているとして警察庁が注意を呼びかけた。

20151229_np_001.jpg
TCP 5038番ポートに対するアクセスの推移(グラフ:警察庁)

同庁が、TCP 5038番ポートに対するアクセスの増加を観測したもので、これらアクセスを分析したところ、「Asterisk」の管理画面へアクセスを試みるものが多数を占めていたという。「Asterisk」では、デフォルトで管理画面へのアクセスに同ポートを用いている。

管理画面に対するアクセスでは、「admin」や「manager」「test」「cron」「mark」といったユーザー名と、「1234」「password」「admin」「mysecret」といったパスワードなど、初期設定や単純な単語などを組み合わせてログインを試行していたという。同庁は、設定ファイルなどを取得するアクセスも観測している。

PBXが不正アクセスを受けた場合、海外への国際電話などへ悪用される可能性もあることから、同庁ではシステム管理者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ製の一部ネットワーク機器、管理者間の攻撃が可能となる脆弱性
iOS向けVoIPアプリ「ShoreTel Mobility Client」に脆弱性
SIPサーバ探索、3年強で約5.9倍に - SIPアカウントへの辞書攻撃に注意
脆弱な「VoLTE」の実装により「なりすまし」や「不正発呼」などのおそれ
IP電話で経費節減のはずが高額請求 - あらためて安全チェックを
ネットワーク機器のリモート管理実装に多数のゼロデイ脆弱性 - ISPや利用者に壊滅的な被害を与えるおそれも
dit、ネットワーク監視システム「WatchPoint 3.0」を発売
SIPサーバに対する攻撃が増加 - 脆弱なサーバを踏み台に辞書攻撃
NTTデータカスタマサービス、スマホをシンクライアント化するセキュリティ製品を販売
NTTコム、「Bizモバイルコネクト」にBYOD環境向け機能 - Windows 8にも対応