Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ

ヤマハ製のルータやファイアウォールなど、複数のネットワーク機器に意図せず停止したり、再起動するおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、受信したパケットの処理に起因するメモリ破壊の脆弱性「CVE-2020-5548」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると、機器がハングアップしたり、リブートするおそれがあるという。

対象となるのは、VoIPルータの「NVR700W」「NVR510」「NVR500」や、VPNルータ「RTX5000」「RTX3500」「RTX1210」「RTX1200」「RTX830」「RTX810」およびファイアウォールの「FWX120」。

同脆弱性は、慶應義塾大学の丹羽直也氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同社は脆弱性を修正するファームウェアのアップデートをリリースした。また回避策として、フィルタのログ出力を停止する方法をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響