Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VoIP電話「Cisco IP Phone」に複数の脆弱性 - アップデートが公開

Cisco Systemsが提供するVoIP電話「Cisco IP Phone」の一部シリーズに複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートを提供している。

現地時間5月1日にセキュリティアドバイザリを公開し、「同8800」「同7800」「同6800」のファームウェアに関する脆弱性3件を公表したもの。

アドバイザリの重要度を4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。脆弱性の悪用や公開は確認されていない。

具体的には、サービス拒否の脆弱性「CVE-2024-20376」や、ウェブ管理インターフェイスにおいて認証が欠如しており、機密情報が漏洩する「CVE-2024-20378」が判明。特定の構成で第三者により通話を開始される「CVE-2024-20357」が明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、「CVE-2024-20376」および「CVE-2024-20378」が「7.5」、「CVE-2024-20357」が「5.3」と評価されている。

同社は「Cisco IP Phone」向けに脆弱性を修正したファームウェア「バージョン12.0.4SR1」を公開。マルチプラットフォームモードで「Video Phone 8875」を利用した場合も影響があり、アップデートとなる「バージョン2.3.1.0101」を提供している。

(Security NEXT - 2024/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正
「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市