Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス

SolarWindsは、同社のIT管理製品「SolarWinds Orion Platform」が不正アクセスを受けた問題で脆弱性に対応するホットフィクス「同2020.2.1 HF 2」をリリースした。

同製品では国家に支援を受けたと見られる攻撃が確認されており、ソフトウェアアップデート機能が悪用されてマルウェアが展開されたが、これら問題へ対処するホットフィクスをリリースしたもの。

当初同社は、サイバー攻撃の対象を「同2019.4」から「同2020.2」までとしていたが、対象範囲を「同2019.4 HF 5」「同2020.2」「同2020.2 HF 1」と説明。

これまでホットフィクス「同2020.2.1 HF 1」を提供してきたが、今回あらたにリリースした「同2020.2.1 HF 2」の適用を求めるとともに、「同2019.4 HF 5」の利用者に対しては「同2019.4 HF 6」への更新を呼びかけている。

すぐにアップグレードできない場合は、ファイアウォールなど利用し、インターネットアクセスを遮断することなど緩和策の実施を求めている。また今回挙げたバージョン以外への侵害は確認されていないとし、「SolarWinds Orion Platform」以外の製品に対する影響を否定した。

「SolarWinds Orion Platform」の対象バージョンにおいて影響を受ける製品は以下のとおり。

Application Centric Monitor(ACM)
Database Performance Analyzer Integration Module(DPAIM)
Enterprise Operations Console(EOC)
High Availability(HA)
IP Address Manager(IPAM)
Log Analyzer(LA)
Network Automation Manager(NAM)
Network Configuration Manager(NCM)
Network Operations Manager(NOM)
Network Performance Monitor(NPM)
NetFlow Traffic Analyzer(NTA)
Server & Application Monitor(SAM)
Server Configuration Monitor(SCM)
Storage Resource Monitor(SRM)
User Device Tracker(UDT)
Virtualization Manager(VMAN)
VoIP & Network Quality Manager(VNQM)
Web Performance Monitor(WPM)

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正