Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス

SolarWindsは、同社のIT管理製品「SolarWinds Orion Platform」が不正アクセスを受けた問題で脆弱性に対応するホットフィクス「同2020.2.1 HF 2」をリリースした。

同製品では国家に支援を受けたと見られる攻撃が確認されており、ソフトウェアアップデート機能が悪用されてマルウェアが展開されたが、これら問題へ対処するホットフィクスをリリースしたもの。

当初同社は、サイバー攻撃の対象を「同2019.4」から「同2020.2」までとしていたが、対象範囲を「同2019.4 HF 5」「同2020.2」「同2020.2 HF 1」と説明。

これまでホットフィクス「同2020.2.1 HF 1」を提供してきたが、今回あらたにリリースした「同2020.2.1 HF 2」の適用を求めるとともに、「同2019.4 HF 5」の利用者に対しては「同2019.4 HF 6」への更新を呼びかけている。

すぐにアップグレードできない場合は、ファイアウォールなど利用し、インターネットアクセスを遮断することなど緩和策の実施を求めている。また今回挙げたバージョン以外への侵害は確認されていないとし、「SolarWinds Orion Platform」以外の製品に対する影響を否定した。

「SolarWinds Orion Platform」の対象バージョンにおいて影響を受ける製品は以下のとおり。

Application Centric Monitor(ACM)
Database Performance Analyzer Integration Module(DPAIM)
Enterprise Operations Console(EOC)
High Availability(HA)
IP Address Manager(IPAM)
Log Analyzer(LA)
Network Automation Manager(NAM)
Network Configuration Manager(NCM)
Network Operations Manager(NOM)
Network Performance Monitor(NPM)
NetFlow Traffic Analyzer(NTA)
Server & Application Monitor(SAM)
Server Configuration Monitor(SCM)
Storage Resource Monitor(SRM)
User Device Tracker(UDT)
Virtualization Manager(VMAN)
VoIP & Network Quality Manager(VNQM)
Web Performance Monitor(WPM)

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開