Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3人に1人「スマホへの迷惑電話増えた」 - マイナンバー関連も

スマートフォン利用者の3人に1人は、迷惑電話や詐欺電話の着信が増えていると感じていることがわかった。「セールス、勧誘電話」が大半を占めるが、マイナンバーに関する不審電話も発生している。

マカフィーとMMD研究所が、20歳以上のスマートフォンを所有する男女2211人を対象に、迷惑電話や詐欺電話に関する調査を実施し、その結果を取りまとめたもの。そのうち1739人は固定電話も所有している。

迷惑電話や詐欺電話を受けたことが「ある」と回答した割合は、スマートフォン利用者が428人(19.4%)、固定電話が675人(38.8%)だった。

33.4%は、スマートフォンにおいて1年前と比べてこうした着信が「増えた」「やや増えた」と感じており、固定電話の21.9%を上回る。

具体的な頻度を見ると、スマートフォン利用者の48.4%は「年に数回」、28%は「過去に1度程度」と多くのユーザーは経験そのものが少ない。その一方で、15.9%は「月に数回」、4.9%は「1週間に1回以上」、2.8%は「ほぼ毎日」着信があると回答した。

(Security NEXT - 2015/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス