Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イクシア、IPベースで通信を遮断する「ThreatARMOR」

イクシアコミュニケーションズは、不要と判断したトラフィックを遮断するセキュリティアプライアンス「ThreatARMOR」を11月中旬より提供開始する。

20151030_ix_001.jpg
Sajoto氏

同製品は、脅威情報やドメイン、本来アクセスの必要がない地域など、組織内外で送受信するトラフィックをIPアドレスベースで遮断するアプライアンス製品。

高レイヤーの通信を検証する高機能ファイアウォール製品より外側に配置。事前にトラフィックを絞り込むことで、ファイアウォールにおけるリソースの消費や、アラートの発行件数を抑制する。

遮断したIPアドレスは、ダッシュボードからアクティビティを記録した「ラップシート(犯罪記録)」を参照することが可能。

記者説明会に登壇した同社アジア太平洋地域のエンタープライズセールスを統括するDavid Sajoto氏は、「次世代ファイアウォールと比較されることが多いが、次世代ファイアウォールは、パケットの詳細について検証を得意とする一方、IPアドレスによる通信制御には適しておらず、ルールの上限も1万件ほどに制限される」と説明。

同製品について「IPアドレスの制御に特化しており、10億アドレスを追加してもパフォーマンスを落とさずにアクセスを遮断できる」と特長をアピールした。

価格は、1Gbpsを4ポート備えた4Gbpsモデルの場合、最低構成で約500万円。初年度のサブスクリプションライセンスが含まれる。翌年度以降は、別途サブスクリプション契約が必要。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加