Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー2016年版、マルチデバイス保護へ注力

インテルセキュリティ(マカフィー)は、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの2016年版を10月16日より発売する。一部製品を除き、インストールできる台数を無制限にした。

20150929_is_001.jpg

同製品は、「Windows」や「Mac OS X」といったパソコンをはじめ、「Android」や「iOS」などスマートデバイスで利用できるセキュリティ対策ソフト。

2016年版のラインナップでは、従来の「マカフィーリブセーフ」にくわえ「同トータルプロテクション」「同インターネットセキュリティ」「同アンチウイルスプラス」に関しても、利用できるデバイスのライセンス数を無制限とした。

またホームネットワークのスキャン機能を用意。保護されていないデバイスの検出し、保護することが可能。Android Wearを搭載したウェアラブル端末へ対応したほか、Androidデバイスにおけるバッテリーの最適化機能を追加した。

さらに「同リブセーフ」「同トータルプロテクション」「同インターネットセキュリティ」に関しては、認証アプリ「True Key」をあらたに搭載。顔や指紋といったバイオメトリクスやセカンドデバイス、マスターパスワードなどを用いて認証を行い、デバイスやアプリ、ウェブサイトへログインできる。

20150929_is_002.jpg
2016年版の機能比較表(表:インテルセキュリティ)

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加