Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー2016年版、マルチデバイス保護へ注力

インテルセキュリティ(マカフィー)は、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの2016年版を10月16日より発売する。一部製品を除き、インストールできる台数を無制限にした。

20150929_is_001.jpg

同製品は、「Windows」や「Mac OS X」といったパソコンをはじめ、「Android」や「iOS」などスマートデバイスで利用できるセキュリティ対策ソフト。

2016年版のラインナップでは、従来の「マカフィーリブセーフ」にくわえ「同トータルプロテクション」「同インターネットセキュリティ」「同アンチウイルスプラス」に関しても、利用できるデバイスのライセンス数を無制限とした。

またホームネットワークのスキャン機能を用意。保護されていないデバイスの検出し、保護することが可能。Android Wearを搭載したウェアラブル端末へ対応したほか、Androidデバイスにおけるバッテリーの最適化機能を追加した。

さらに「同リブセーフ」「同トータルプロテクション」「同インターネットセキュリティ」に関しては、認証アプリ「True Key」をあらたに搭載。顔や指紋といったバイオメトリクスやセカンドデバイス、マスターパスワードなどを用いて認証を行い、デバイスやアプリ、ウェブサイトへログインできる。

20150929_is_002.jpg
2016年版の機能比較表(表:インテルセキュリティ)

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大