Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、暗号化ソフトに法人ライセンス - リモート管理に対応

キヤノンITソリューションズは、ESET製データ暗号化ソフト「DESlock Plus Pro」の法人向けライセンスを提供開始した。

同製品は、ディスクの暗号化やファイルの消去に対応した暗号化ソフト。ディスクや特定パーティション、リムーバブルメディア、ファイルやフォルダ単位の暗号化に対応。ファイル復号用の無償ツール「DESlock+ Reader」を用意している。

今回あらたに法人向けライセンスを追加。クライアント管理プログラム「DESlock+ Enterprise Server」を用意しており、リモート操作で同ソフトのインストールやハードディスクの暗号化が可能。さらに設定を組み込んだインストーラの作成や、プリブートパスワードのリセットに対応するほか、暗号化の状況を参照できる。

価格は、企業向けライセンスで6から24ユーザーで利用する場合、1ライセンスあたり1万3500円から。教育機関向けライセンスの場合は6750円、官公庁向けライセンスの場合は1万130円。別途更新料が必要。

(Security NEXT - 2015/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS