Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KBI、標的型攻撃メール対策のeラーニングをリニューアル

関西ビジネスインフォメーション(KBI)は、eラーニング講座「標的型メール攻撃から情報資産を守るために」を全面リニューアルした。

同講座は、標的型攻撃に使われるメールの手口や特徴を学習する従業員向けのeラーニングサービス。手口の多様化、巧妙化を受け、従来コースを見直した。標準学習時間は約40分で、学習期間は3カ月。料金は1人あたり2160円。

(Security NEXT - 2015/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス