Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、サイバーレンジの疑似攻撃で訓練するイスラエル製サービス

大日本印刷(DNP)は、セキュリティ人材訓練事業に参入し、組織における情報セキュリティ部門のリーダーを育成する新サービスを9月1日より提供開始する。

20150825_dn_001.jpg
サイバーレンジの例(図:DNP)

今回提供を開始する「TAME Range」は、イスラエルのIsrael Aerospace Industries(IAI)が開発した技術者向けの訓練システム。

一般企業のネットワークシステムを再現したサイバーレンジを用いて、実例に基づいた擬似攻撃によるトレーニングを実施。攻撃者のマインドセットなどを学び、実際に発生しているサイバー攻撃を学ぶ。

1チームあたり4人、最大4チームを同時に訓練することが可能で、チームワークやリーダーの指揮能力などの向上を図るほか、インシデント対応や緩和策、フォレンジックのほか、未知の攻撃へ対応できるスキルの習得を目指す。

価格は、1ライセンスあたり2億1600万円から。コンサルティングの人件費が別途必要となる。同社では、2018年度に30億円の売上を目指して同システムを販売していく。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
情報漏洩などの事故対応訓練サービス - ニュートン・コンサル
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ