Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立

日立製作所は、重要インフラ事業者向けにオンラインより参加可能なインシデント対応訓練サービス「オンラインNxSeTA」を6月1日より提供開始する。

同サービスは、これまで集合形式で提供してきた重要インフラ事業者向けインシデント対応訓練サービス「NxSeTA」をオンラインで提供するもの。

模擬システムを用いた訓練環境を提供し、自宅やサテライトオフィスなどリモート環境より参加することが可能。サイバー攻撃の疑似体験やログ解析の訓練、ワークショップなどを提供する。

コミュニケーション力やレジリエンスなど「Safety-II」を用いて訓練を評価することができ、同社では継続的な教育、訓練計画の提案なども行うとしている。

(Security NEXT - 2021/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発