Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec

ブロードバンドセキュリティは、インシデント発生時に備えて初動対応の準備を支援するコンサルティングサービスを提供開始した。

「インシデント初動対応準備支援サービス」は、インシデントの発生を想定し、企業の実情にあわせて事前に実施しておくべき最低限の対策を示すサービス。

具体的には、既存文書の確認やヒアリングを実施した上で、インシデント対応の体制図や、実際にインシデントが発生した場合に参照できる実践的なインシデント対応フロー、チェックリストを作成。

参考価格は、100万円から。オプションとして対応フローを用いた机上訓練やロールプレイなど2種類の訓練を用意している。

(Security NEXT - 2022/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション