Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性発見の報奨金制度でサイボウズに感謝状

JPCERTコーディネーションセンターは、サイボウズのセキュリティインシデントレスポンスチーム「Cy-SIRT」に感謝状を贈呈した。

同社が自社製品に関する脆弱性を報告し、脆弱性の調査、周知といった活動へ積極的な取り組みを進めていることから、感謝状を贈ったもの。製品JVNにおいて、開発者が自ら届け出を行った脆弱性の約40%を同社が占めたという。

同社は、脆弱性発見者に対する報奨金制度を国内でいち早く導入。一般研究者などの報告に対して報奨金を支払うとともに、脆弱性の発見、修正を進めている。

JPCERTコーディネーションセンターでは、「製品利用者の安全を優先させた活動を継続して遂行している」と評価。「多くの製品開発者の模範となって広がり、様々な製品を利用する人々が安心して参加できるIT利用環境の実現につながることを期待している」とコメントした。

(Security NEXT - 2015/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
バグバウンティプログラムの報奨金額上限を増額 - Kaspersky
「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
脆弱性報告の報奨金が期間限定で最大5倍に - サイボウズ
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催
「Chrome」のアップデートがまもなくリリース - セキュリティ関連で21件の修正