Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盗まれた患者情報含む外部記憶装置が発見 - 昭和大

昭和大学は、5月に発生した車上荒らしによる外付けハードディスクの盗難事件に関し、別の事件で逮捕された容疑者の押収物から盗難物が発見されたことを明らかにした。

5月8日から翌朝にかけて、横浜市内の駐車場に駐車していた同大医師の車が車上荒らしに遭い、横浜市北部病院の患者情報約4万8000人分の個人情報を保存したハードディスクが持ち去られたもの。

別の事件で逮捕された被疑者の押収物に被害に遭ったハードディスクが含まれていたという。内部の患者情報が不正に利用された事実は確認されていないとしている。

同大では、今回の問題を受けて盗難に遭った医師を減給処分とした。また個人情報管理体制の見直しや責任の明確化、個人情報管理マニュアルの周知徹底などにより、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院