Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盗まれた患者情報含む外部記憶装置が発見 - 昭和大

昭和大学は、5月に発生した車上荒らしによる外付けハードディスクの盗難事件に関し、別の事件で逮捕された容疑者の押収物から盗難物が発見されたことを明らかにした。

5月8日から翌朝にかけて、横浜市内の駐車場に駐車していた同大医師の車が車上荒らしに遭い、横浜市北部病院の患者情報約4万8000人分の個人情報を保存したハードディスクが持ち去られたもの。

別の事件で逮捕された被疑者の押収物に被害に遭ったハードディスクが含まれていたという。内部の患者情報が不正に利用された事実は確認されていないとしている。

同大では、今回の問題を受けて盗難に遭った医師を減給処分とした。また個人情報管理体制の見直しや責任の明確化、個人情報管理マニュアルの周知徹底などにより、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など