Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、顔認証ソフトの新版を発売 - 認証失敗時の画像を記録可能に

NECは、パソコンへのログオンなどに利用できる顔認証ソフト「NeoFace Monitor」の新版となる「同V2」を8月20日より出荷開始する。

同ソフトは、独自の顔認証技術を採用。顔認証によるパソコンへのログオンはもちろん、ログオン中の利用者の常時監視に対応している。

今回リリースする新版では、ログオン時やロック解除時、常時監視中に認証に失敗した人物の顔画像を記録する機能を追加。認証へ失敗した場合、撮影画像を確認できる。ログオンに失敗した原因の特定や不正利用の抑止に利用できる。

また同社のセキュリティ対策ソフト「InfoCage PCセキュリティ」との連携も可能になった。価格は、クライアント用が1万6200円。認証サーバ用とActive Directoryサーバ用が各16万2000円。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
ノキアとNTT、エッジコンピューティングを活用した顔認証の実証実験
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
NTTデータSMS、複数顔認証による不正操作防止ソリューション