Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

居住者情報が保存された機器を誤廃棄 - 埼玉県内の郵便局

埼玉県東松山市の東松山郵便局において、配達地区の居住者情報8217件を記録した機器を誤廃棄していたことがわかった。

日本郵便によれば、誤って廃棄したのは、郵便物の配達に使用する居住者情報を記録、管理する機器。7月30日に判明したもので、機器には比企郡嵐山町全域の居住者の氏名や住所など8217件が保存されていたという。

同社では、機器内部のデータには複数のパスワードが設定されているとし、情報が読み取られる可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金