Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

居住者情報が保存された機器を誤廃棄 - 埼玉県内の郵便局

埼玉県東松山市の東松山郵便局において、配達地区の居住者情報8217件を記録した機器を誤廃棄していたことがわかった。

日本郵便によれば、誤って廃棄したのは、郵便物の配達に使用する居住者情報を記録、管理する機器。7月30日に判明したもので、機器には比企郡嵐山町全域の居住者の氏名や住所など8217件が保存されていたという。

同社では、機器内部のデータには複数のパスワードが設定されているとし、情報が読み取られる可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府