Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSSのマルウェア外部通信に対する自動遮断機能を強化 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、日米のセキュリティ企業3社のセキュリティ機器と連携することで、同社セキュリティサービスのマルウェア通信遮断機能を強化した。

同社が提供する「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知」において、あらたにパロアルトネットワークス、ブルーコートシステムズ、およびデジタルアーツのセキュリティ機器との連携を導入したもの。オプションサービスとして提供する。

マルウェアの侵入検知やマルウェアの外部通信の自動遮断などの機能を強化したほか、ブルーコートのプロキシサーバや、デジタルアーツのウェブフィルタリング製品との連携に対応した。

また自動遮断と並行して、外部の通信先を分析なども実施。攻撃者と判定された場合は完全遮断、問題がなければ遮断解除を行うという。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス