Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、攻撃発生中の深刻なFlashゼロデイ脆弱性を修正 - UDを順次公開

Adobe Systemsは、Adobe Flash Playerにおける深刻なゼロデイ脆弱性に対処したセキュリティアップデート「APSB15-18」を提供開始した。当初は「Windows」および「Mac OS X」「ブラウザ同梱版」へ供給し、Linux向けの更新は準備中だという。

20150715_as_001.jpg
アップデートを公開したAdobe Systems

今回のアップデートは、イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamの情報漏洩により明らかとなった脆弱性に対処したプログラム。7月8日の緊急アップデート「APSB15-16」に続き、2週連続のアップデートとなった。「Windows」「Mac OS X」「Linux」に影響があり、悪用されるとコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

修正対象となった脆弱性は、当初同社が予告したとおり解放済みメモリを参照する脆弱性「CVE-2015-5122」、およびメモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2015-5123」の2件。いずれもコードが公開されており、前者に関しては複数のエクスプロイトキットによる悪用がすでに始まっている

同社は「Windows」および「Mac OS X」と、「Chrome」や「Internet Explorer」などのブラウザ同梱版として「同18.0.0.209」を提供。最新版を利用できないユーザーに対して「同13.0.0.305」を提供する。「Linux」版は現在準備を進めており、今週中にリリースする予定。

脆弱性の緊急度は、4段階中もっとも高い「クリティカル」。適用優先度は、いずれも72時間以内のアップデートを推奨する3段階中もっとも高い「1」にレーティングしている。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正