Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSL、セキュリティに対処した新版を9日に公開予定

OpenSSL projectは、米国時間7月9日にセキュリティ上の問題を解消するアップデートを公開する予定だ。

同開発チームは、同日に「OpenSSL 1.0.2d」「同1.0.1p」を提供する計画であることを表明しており、深刻度「高」とレーティングしたセキュリティ上の問題1件に対応する予定だという。

ただし「同1.0.0」や「同0.9.8」に関しては、同問題の影響を受けないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
IPA、公開サーバで利用されるOSSのセキュリティ情報を発信
脆弱な「Drupal」サイトをボット化、仮想通貨発掘させる攻撃が発生
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
OpenSSLのアップデートがリリース - 脆弱性3件を解消
OpenSSL、セキュリティアップデートを3月27日に公開予定
北朝鮮グループ由来の新種トロイの木馬「BANKSHOT」が判明 - 米政府が注意喚起
Palo Alto NetworksのOSに脆弱性 - 悪用容易のため注意を