Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSL、セキュリティに対処した新版を9日に公開予定

OpenSSL projectは、米国時間7月9日にセキュリティ上の問題を解消するアップデートを公開する予定だ。

同開発チームは、同日に「OpenSSL 1.0.2d」「同1.0.1p」を提供する計画であることを表明しており、深刻度「高」とレーティングしたセキュリティ上の問題1件に対応する予定だという。

ただし「同1.0.0」や「同0.9.8」に関しては、同問題の影響を受けないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
「OpenSSL 1.1.1c」「同1.1.0k」がリリース - 脆弱性やバグを修正
「OpenSSL」の「ChaCha20-Poly1305」実装に脆弱性
脆弱性を修正した「OpenSSL 1.0.2r」がリリース
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
「McAfee DXL」に複数の脆弱性 - サービス拒否や情報漏洩のおそれ
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応