Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、ネットワーク監視でマルウェア検知するスポットサービス

アズジェントは、同社が取り扱う「DAMBALLA Failsafe」を活用したマルウェア検知サービス「セキュリティ・ドッグ」をあらたに提供開始した。

同サービスは、8種類のエンジンを備えたアプライアンス「DAMBALLA Failsafe」を組織のネットワーク内に設置。アクセス先情報やアクセスの結果、パケットキャプチャなどネットワークトラフィックを監視、相関分析によって脅威を検知するサービス。

診断結果は1カ月で提供する。価格は500ノード、監視期間1カ月の場合で81万6480円。同社は初年度に5億円の販売を目指し、サービスを提供していく。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス