Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、外部に漏洩したアカウント情報を調査、通知するサービスを提供開始した。

「IIJ漏えいアカウント検知ソリューション」は、マルウェアの感染により情報を窃取されたり、ダークウェブでやり取りされるアカウント情報について、米SpyCloudのデータや同社独自の情報をもとに対応を支援するサービス。

ドメイン名をもとに漏洩したアカウントを検知。モニタリングの結果を確認できるポータルサイトを提供するほか、検知内容や影響、緊急度などを踏まえて通知。マルウェア感染により情報漏洩の原因となった端末の調査などインシデント対応についてもサポートする。

1000ユーザーで利用した場合、年間利用料の参考価格は720万円から(税別)。別途初期費用が必要となる。

(Security NEXT - 2023/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに