Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信

日本情報通信は、サイバー攻撃やセキュリティ対策を体験できる施設「NI+C セキュリティアリーナ」を神奈川県川崎市内に開設した。

同施設は、企業や団体の環境を想定した模擬環境を設置。サイバー攻撃による被害について被害組織や、攻撃者の目線からも体験できる。

具体的には、メールの添付ファイルを用いたランサムウェア攻撃、公開ウェブサーバの脆弱性に対する攻撃、ウェブサーバを踏み台として悪用される攻撃などを想定。振る舞い検知によるマルウェア感染の特定、対処などソリューションの効果などを体験できる。

予約制で料金は無料。ただし、申し込みは企業や団体に限られる。

(Security NEXT - 2023/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校