Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで収入が途絶え、業績回復に1年 - ランサム感染で倒産も

またカスペルスキーは、勝手にデータを暗号化するランサムウェア「CryptoLocker」に起因するケースも紹介している。会計事務所のシステムが感染したもので、対応のまずさから最悪の事態を招いた。

マルウェア感染によってデータが暗号化された際、十分な知識を持たないIT管理者が、ランサムウェアとともにすべてのデータをサーバから消去。バックアップサービスのパスワードも忘れてしまうなどミスが重なり、データを復元できず、事務所は倒産したという。

同社では、こうした最悪の事態を防ぐため、従業員がセキュリティの知識を身につけたり、専門のIT管理者を常駐させる、セキュリティ対策製品を導入するといった対策などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意