Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで収入が途絶え、業績回復に1年 - ランサム感染で倒産も

またカスペルスキーは、勝手にデータを暗号化するランサムウェア「CryptoLocker」に起因するケースも紹介している。会計事務所のシステムが感染したもので、対応のまずさから最悪の事態を招いた。

マルウェア感染によってデータが暗号化された際、十分な知識を持たないIT管理者が、ランサムウェアとともにすべてのデータをサーバから消去。バックアップサービスのパスワードも忘れてしまうなどミスが重なり、データを復元できず、事務所は倒産したという。

同社では、こうした最悪の事態を防ぐため、従業員がセキュリティの知識を身につけたり、専門のIT管理者を常駐させる、セキュリティ対策製品を導入するといった対策などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに