Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、ドローン撮影に注意喚起 - プライバシー侵害や個人情報保護法違反のおそれ

総務省は、無人小型機「ドローン」を利用することによって、普段は人の目が届かない場所での撮影が可能になるとし、撮影した画像をインターネットで公開する場合は、プライバシーや肖像権を配慮するよう注意喚起を行った。

撮影や映像に写り込んだ人物に同意なくインターネットで公開した場合、プライバシーや肖像権を侵害するおそれがあるとして注意を呼びかけたもの。

映像データの公開によって、不法行為による損害賠償リスクがあるほか、衣服をつけない場所では、撮影自体が軽犯罪法違反にあたる。また個人情報取扱事業者が無断で人物を撮影した場合、不正な手段による個人情報の収集となり、個人情報保護法違反となるおそれがあると説明している。

同省は、写り込んだ人物の同意取得を前提とする一方、同意を得ることが困難な場合は、人の顔や車のナンバープレートなどへぼかしを入れるなど、配慮を呼びかけた。また画像公開サービスなどを提供する電気通信事業者に対しては、削除依頼に対応できる体制の整備を求めている。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN