Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学生対象の「ジュニアキャンプ」 - 高知で開催

セキュリティ・キャンプ実施協議会、国立高等専門学校機構、高知工業高専は、「セキュリティ・ジュニアキャンプ in 高知」を6月27日、28日に開催する。

セキュリティ・キャンプは、セキュリティ人材の育成を目的とした若年層向けの勉強会。夏季休暇期間中に全国大会を実施しているほか、全国大会への参加を目指す地方の学生向けに、セキュリティ・ミニキャンプを各地域で実施している。

今回の「セキュリティ・ジュニアキャンプ」では、2日間の日程で中学生を対象に合宿講座を開講。セキュリティの基礎、ネットワークと通信解析、脆弱性診断などのカリキュラムを用意。また遠隔操作に対応したロボットカーや、ウイルス対策ソフトのプログラミングを体験できる。

また初日に合宿講座と並行して開催する一般講座では、企業におけるセキュリティ対策や、セキュリティ・キャンプやCTFコンテストを紹介する。

参加費用は無料。事前申込が必要で、締切は一般講座が6月19日17時、合宿講座は月25日17時。定員は一般講座が80人で先着順。合宿講座は15人で、選考により決定する。参加条件や申し込み方法などの詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催