Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む原子力損害賠償請求書を紛失 - 東電

東京電力は、原子力損害賠償に関する請求書1通の紛失を明らかにした。賠償請求者などの個人情報が記載されているという。

所在が不明となっているのは、2014年2月に福島原子力補償相談室の従業員が賠償請求者から預かった財物賠償の請求書一式。4月13日、請求者が補償相談センターの窓口で進捗状況について問い合わせを行ったことで、紛失が判明した。書類の捜索を行うとともに警察へ紛失届を提出したが、見つかっていない。

紛失した書類には、請求者を含む5人の氏名や住所、請求内容が記載されていた。受け取った請求書を事務所間で授受する際の、ルールが守られていなかったことが原因としており、同社では、関係者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
顧客情報含む帳票を紛失、翌日すべて回収 - 四国電力
法人顧客の連絡先含むファイルが所在不明 - 中部電力
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も