Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送配電子会社から顧客情報が閲覧可能、点検で判明 - 九電

九州電力の顧客情報が、本来閲覧できない子会社の九州電力送配電より閲覧できる状態となっていたことがわかった。個人情報保護委員会による指導のもと、点検を進める過程で判明した。

両社に関しては、九州電力送配電の顧客データベース管理に問題があり、小売電気事業者である九州電力が、データベース内にあった他小売電気事業者(新電力)の一部顧客情報を不正に利用していたことが判明。個人情報保護委員会より指導を受け、点検を進めていた。

同社によれば、電子帳票システムにおいてアクセス権限の設定ミスがあり、2022年4月1日から2023年10月25日にかけて九州電力の一部電子帳票が九州電力送配電から閲覧できる状態だった。対象となるのは顧客の電気料金や使用量などが含まれるリストで、約290万件の顧客情報が含まれる。

問題発覚後、同社では帳票にアクセスできないよう対策を講じた。11月22日に個人情報保護委員会へ報告するともに対象となる顧客へ個別に通知している。

(Security NEXT - 2023/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート