Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島原発事故の追加賠償に関する請求書を誤送付 - 東電

東京電力は、福島原発事故の追加賠償に関して、一部請求書を誤った住所へ送付していたことを明らかにした。

同社によれば、5月29日に自分宛てではない請求書が届いたと申し出があり確認したところ、一括で送付した約2万2000件のうち、約1000件について住所変更前の住所に請求書を送付していたことが判明したという。請求書には、氏名、生年月日、連絡先、振込先口座番号などが記載されている。

住所変更の連絡を受けた際、システムへ反映させるが、変更作業が必要となる認識そのものがなかったり、請求書の作成期日までに入力が間に合わなかったことなどから誤送付が生じたとしている。

誤送付した約1000件のうち約800件は宛先不明で同社へ返送されており、同社ではのこる約200件についても回収を進め、請求書の再発行を行う。またこれ以外にも約1500通の請求書を個別に送付しており、同様の誤りがないか確認を進めている。

誤った請求書が届いた場合は、開封せずに同社の相談専用窓口まで連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性