Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か

九州電力グループで、変電器など電力機器の製造や給湯器の販売などを手がけるキューヘンがサイバー攻撃を受けた問題で、あらたに約27万件の個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明した。

同社では、6月3日に一部データがランサムウェアによって暗号化されたことを確認。約10万4000件の個人情報が流出した可能性があることを公表するとともに調査を進めていた。

その後の調査であらたに約27万件の個人情報が流出した可能性があることが判明。従来の発表とあわせて約37万4000件が外部へ流出したおそれがあるという。

今回判明した約27万件のうち、約25万件については同社が給湯器販売などを通じて扱った情報。のこる約2万件は九州電力より電化機器のPR業務で受託していた情報としている。

同社では、関連機関へ報告するとともに被害状況について引き続き調査を進めている。

(Security NEXT - 2024/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市