Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「壁ドン」「顎クイ」「頭ガッ」でPW保護を啓発 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、若年層へパスワード管理の大切さを訴える交通広告を展開している。JR原宿駅で4月9日まで展示するほか、スライドショーとしてウェブサイトからも閲覧できる。

20150403_ip_001.jpg
ポスターの1例(画像:IPA)

JR原宿駅での掲示は、第44回「原宿ファッションジョイボード文化展」へ出展したもので、同駅ホームの大型看板17面を使用。少女マンガ風のイラストでパスワードの大切さを訴えている。

同機構が実施した意識調査では、ネットサービスでの不正ログインを防止するためのパスワード管理において、10代がほかの世代に比べて意識が低いとの結果が出ており、若者が集まる原宿でのメッセージ発信を決めたという。

メッセージの特徴は、高校生の男女による恋愛ストーリーを思わせる少女マンガ風のイラストで、「壁ドン」「顎クイ」「首ガッ」「お姫様抱っこ」などを再現。「お前にそんな単純なパスワードは似合わないよ」「お前がパスワード見直すまでずっと待ってるから」「本当にお前を守れるのはパスワードだけだぜ」といった台詞が続く。パスワードは「長く」「複雑に」「使い回さない」などのメッセージを込めたとしている。

文化展終了後は、原宿駅の道路側の大型看板にポスターを展示するほか、竹下通りに横断幕や垂れ幕を展示する。また同機構のウェブサイトに開設した特設ページでも閲覧できる。

(Security NEXT - 2015/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性