Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフトの一斉取り締まりを実施 - 検挙人数が2割増

警察庁は、ファイル共有ソフトによる著作権法違反に対する一斉集中取り締まりを実施した。

ファイル共有ソフトを通じてアニメや音楽のほか、ソフトウェアなどを公衆送信している著作権侵害事件に対する一斉取り締まりで、2009年より実施しており、今回で6回目。

2015年は2月17日から19日にかけて全国38府県警察が実施し、前回より10カ所多い133カ所を捜索。違法に著作物を公開していた疑いで、前回より7人増となる40人を検挙した。

(Security NEXT - 2015/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド